ヘアケアと椿油とは

ヘアケアとオイルの関係性

椿油等のオイルを使ったヘアケア

オイルを使ったヘアケアで一番重要なのは使うものの柔らかさと使う量です。椿油は一般的に伸びがよく、少量で全体に馴染みます。この量を多く付けすぎるとベタベタして質感としてよくありません。他のオイルなどで伸びがよくないものであればある程度付けないと効果もないですが、椿油のように濃度の高いものであれば少しの量を全体に伸ばすように付けるといいです。ヘアケアとして紫外線や湿気などから髪を守ってくれる物なので使い方を間違えないように毎日使うと毛先のダメージや引っ掛かることなくきれいな状態の髪を保てると思います。

ヘアケアオイルがもたらす効果

ヘアケアオイルが髪にもたらす効果はとても大きいものがあります。髪はトリートメントなどで潤いを与えてもオイルで蓋をしない限り蒸発して乾燥してしまいます。顔にとっての乳液と同様の役割を果たしており、蒸発を防ぐことで乾燥のパサパサを回避し、まとまりやすくする効果を持っています。また、髪の表面や頭皮をコーティングする役割も果たしているので保湿効果を生み、熱や乾燥、紫外線などのダメージから髪を保護してくれる働きがあります。皮脂や汚れを浮かせて落ちやすくする作用もあるので、ヘアケアに必須なシャンプーの前にも使えます。

↑PAGE TOP